クロスの選び方

ber5
「クロス」とは店舗や家・オフィスのお部屋に張る壁紙のことです!
クロスの素材は大きく4つに分類することができます。

ber6

ビニールクロス

クロスの中でも多用されているのがビニールクロス。 他の素材に比べ安価で、品質も安定しており、耐久性も高くお掃除がしやすいクロスです。色やデザインが豊富です。
ビニールクロスは、塩化ビニール樹脂などを主な素材とするビニールシートに紙などを裏打ちしたものです。 表面加工の方法によっても分類することができ、たとえば、表面に凸凹のあるエンボス加工や発泡させたもの、プリントを施したものなど多種多様。クロスにさまざまな機能を持たせている商品も多くみられます。

紙クロス

紙クロスは、パルプが原料の洋紙を原紙に、プリント加工やエンボス加工したクロスです。 和紙、ケナフなど非木材紙を原料としたものなどもあります。紙は音を吸収し、空気を通す素材であり、また、環境や健康への配慮がなされている素材として注目されています。ほとんどが輸入壁紙ですが手すき和紙の紙クロスもあります。

織物クロス

織物クロスは、レーヨン、絹、麻などで作られるクロスです。 平織りや綾織、不織布などがあります。ビニールクロスと比べて高級感、重厚感があります。ホコリを吸着しやすいので、定期的に掃除やメンテナンスが必要です。 ホテルや美術館などパブリックスペースで使われることもあります。

 その他

紙と珪藻土を混ぜてつくられる「珪藻土壁紙」、金属やガラス繊維が原料の「無機質壁紙」、ポリエチレン・ポリプロピレンなどの合成樹脂を主原料とした「オレフィン」薄くカットした天然木やコルクなどを紙と張り合わせた「木質系壁紙」、メタリックなクロスなどがあります。

 

ber7

張替え時期はお部屋の用途によって変わります。交換時期の目安をご紹介します!

汚れが目立つ前に早めの貼り替えを!

壁紙の張替え時期の目安は5年~。汚れや傷みが目立ってきたら、壁紙の張替えを検討しましょう!

壁紙は10年前後で貼り替えるのが一般的です。
しかし、店舗の場合や、キッチン・トイレといった水まわりや、たくさんの人が集まるリビング、喫煙者がいる場合などはそれよりも短くなります。ぜひ汚れが目立って来る前に、貼り替えるようにしましょう!
壁紙を新しくすれば、見た目も気分もリフレッシュできます。

張替え目安は5~15年!

店舗やお部屋のリフォーム時、家具・家電の買い替え時もおすすめです!

キッチンやお部屋をリフォームする際、壁紙のリフォームも一緒に検討してみてはいかがでしょう。 あまり目立った汚れがなくても、新しいキッチンや部屋に合うようにコーディネイトすれば、空間の調和がとれてリフォーム効果もアップするでしょう!

エアコンや大型家電の買い替えは、壁紙の貼替えのタイミングかもしれませんね!

最近では一段と家電の小型化が進んでいるため、買い替えたら前よりも小さくなっていてそれまでのエアコン跡が目立つ、なんてことが無きにしもあらず。 冷蔵庫や家具の買い替えでも、同じようなことがいえるかもしれませんね。

トップへ戻る

ページ上部へ戻る