内装工事の一般的な流れの把握

新規に店舗をオープンする場合でも、内装をリフォームするのにも、あれよこれよと忙しいもの。
ただし忙しいからといって工事の流れをしっかりと把握しないまま頼んでしまうと、オープン予定と合わなかったり工事が遅れてしまっていたり・・・と後からとても大変な事になってしまいます。

店舗を開店させるまでに特に大変なことは、工事はもちろんの事、専用機器・備品類などの納入スケジュール。
スケジュールが被って作業の妨げになってしまう等のトラブルを起こさない為にも入念な計画を建てる事が大切です。

開店までの流れとして一般的なものをあげてみます。

・周辺や客層のリサーチ
・物件の仮契約、複数の業者への見積り依頼
・調査、打ち合わせ、正式見積りの比較と決定
・工事依頼、契約
・着工
・工事完了、チェック(直しや調整などもキチンと伝えましょう)
・引き渡し、開店準備

開店をトラブルなくスムーズに行う為に以上の事は抑えておきたいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.7.12

店舗内装工事業者 「Lovation」

東京をはじめ神奈川や千葉、長野や福島など、幅広い地域で店舗デザインを対応することができますので、夢の実現や心をつかむ店舗を作りたいとお考えの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る