店舗改装なしでは古くなる一方です

真新しい店内、ピカピカのテーブルや椅子!

新装開店したお店はとてもキレイですが、営業を重ね歳月を経るによって、どんどんと古くなっていきます。

古いままでもお店の歴史を感じる事が出来ますから、好きづきですが、ここで一新、店舗改装するのも良いのではないのでしょうか。

従来のお店の雰囲気が好きで通ってくれるお客さんもいるでしょうが、新しいニーズを開拓する場合にもこの店舗改装は効果的です。

なかなか、売り上げが上がらない、このままでは閉店してしまう可能性がある。といった時に思い切って改装を行なえばいい結果を得られる場合もあります!

店舗改装のポイントとしては従来のお店の雰囲気の延長として改装を業者に依頼するか、また別の雰囲気を求め依頼するかという事です。

なので、店舗改装はまず現段階の客足や客層を検証するところから始まります。従来の雰囲気の延長の場合は、主に改装は古くなった設備を新しくする事です。

別の雰囲気に改装する場合は求めたいニーズを考え内装のデザインや設備を考えて行きます。

どちらにせよ、店舗改装の費用は安いものではありませんので依頼するにしても慎重な決断が必要です。

また、その期間はお店を営業する事は当然出来ませんので前もって、どのくらいの期間で改装が終わるのか、それによって生じる収入の変動等も十分に考慮しておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.2.9

店舗内装工事業者 「桃太郎住宅・店舗」

神奈川や東京を中心に、200件以上もの新規内装工事の施工実績があり、美容室や整骨院、ディサービスや飲食店、医院やアパレルなど幅広い業種での施…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る